MADNESS PARK 2018 公演結果

☆結果☆
○=勝 ☓=負
■第1試合 ~妖怪VS悪魔 最終章~ シングルマッチ
☓「無殺死」 VS ○「ふんどしデビル」
※12分4秒 デビルスタンプ→片エビ固め

■第2試合 ~ポイズン~ シングルマッチ
☓「GT」 VS ○「リヴァーサル沢」(RAW)
※6分24秒 ポロロッカ→片エビ固め

■第3試合 nkwタッグチーム王座戦 タッグマッチ
第12代王者 "ラブヴィクティム"○「キング・ペンギン」(nkw/IWP)&「菊・門タロー」(スーパーオリジナル)
VS
挑戦者☓「ところ天の助」&「ONAKIN」(SWSガクセイプロレス)
※21分12秒 鳴門海峡→ピンフォール
※ラブビクティムが1度目の防衛に成功。

■セミファイナル nkw王座戦 ノーDQシングルマッチ
第16代nkw王者○「Mr.Money」 VS 挑戦者☓「グレイト雑魚」(XGF)
※25分36秒 チェーンハイキック→ピンフォール
※試合途中カオスストリークマンJrの中身がグレイト雑魚と判明しグレイト雑魚が挑戦者となる。
※Mr.Moneyが7度目の防衛に成功。

■メインイベント nkwMD王座戦 ハードコア8wayマッチ
第24代王者○「大腸ケア」(N4H) VS 「801健一」(nkw/YWC) VS 「西崎雄鬼」 VS 「サカイ」(N4H)
VS☓ 「浅岡遼」(シンセダイ軍) VS 「RYO」(シンセダイ軍) VS 「サンフランシスコ・ザヴィウェル」 VS 「カズシバノ」(フリー)
※21分57秒 ストゥーカスプラッシュ
※大腸ケアが6度目の防衛に成功。
スポンサーサイト

nkw2月公演「GET READY 2018」結果!

『GET READY 2018』公演結果!
GR2018ポスター

日にち:2018年2月24日(土)
時間:開場12:15/開演12:30
場所:小金井南中学校体育館

☆結果☆
○=勝 ☓=負
第1試合 6マンタッグマッチ
○「GT」&「無殺死」&「イクナ(・ラ・)ハトヤ」(WIN)
VS
「ふんどしデビル」&×「リヴァーサル沢」(RAW)&「Brooklyn Genziggler」
※20:30 スクールボーイ

寸評:Xは無期限休養中の「Brooklyn Genziggler」だった。6選手がそれぞれの持ち味を出した試合は「GT」が「リヴァーサル沢」を丸め込む結果に。試合後、「ふんどしデビル」と「無殺死」、「GT」と「リヴァーサル沢」の因縁決着戦を望む事に

第2試合 nkwクルーザー級王座選手権 シングルマッチ
王者"N4H"「サカイ」 VS 挑戦者 「サンフランシスコ・ザヴィウェル」
※14:23 変形卍固め サカイは2度目の防衛に成功

寸評:nkwで久しぶりに行われるクルーザー級王座選手権試合。クルーザーに相応しい軽快な飛び技に加え、開脚式パワーボム等の力技や急所攻撃などラフ殺法を織り交ぜ「サカイ」を追い詰めた「サンフランシスコ・ザヴィエル」だが、最後は「サカイ」が腕と首を極める変形卍固めで防衛

第3試合 nkwタッグチーム王座決定戦 タッグマッチ
※「浅岡遼」が怪我により王座を返還し王座決定戦に変更。
×「ラソ=チンブラ」(宇都宮NUWA)&「ハトマスク」(DPW)
VS
"ラヴヴィクティム"
○ 「キング・ペンギン」(nkw/IWP)&「菊・門タロー」(スーパーオリジナル)
※20:14 小名浜シードロップ "ラヴヴィクティム"がnkwタッグチーム王者となる

寸評:怪我で欠場した「浅岡遼」に代わり出場したのは「ハトマスク」!初参戦となるnkwでも得意のルチャと鳩時計で会場に空気と試合の流れを持って行く。「ラソ=チンブラ」が試合を決めに行った所でN4Hが乱入。そのまま「ラソ=チンブラ」を"ラヴヴィクティム"が沈め王者となった。試合後謎の「ファントム梶原」が不気味な予告を行った。混沌とするnkwタッグチーム王座戦線...?

第4試合 ~最終決着戦~ スペシャルハードコアシングルマッチ
「801健一」 VS 「カオスストリークマンJr」
※22:23 カオス暴行

寸評:長かった両者の抗争も遂に最終ラウンド。「西崎雄鬼」も加わり一方的にいたぶる「カオスストリークマンJr」。
場外では車で轢く非人道的な攻撃にも出たが、「801健一」の凄惨な攻撃に両者は沈む結果となった

セミファイナル nkw王座選手権 6マンバトルロイヤルマッチ
王者"MoneyFamily"○「Mr.Money」 VS "N4H"×「玲嘉」 VS 「ところ天の助」
VS 「西崎雄鬼」 VS 「ONAKIN」(SWS学生プロレス) VS "MoneyFamily"「YMD」(フリー)
※21:27 ミリオンショット Mr.Moneyは5回目の防衛に成功
退場順
①西崎雄鬼
②ところ天の助
③ONAKIN
④YMD
⑤玲嘉

寸評:6人の猛者が集まったタイトルマッチ。開始直後からどこへ目を向ければ良いか分からない展開に。レフェリーの目の前で反則を繰り返した「西崎雄鬼」がまず退場。「ところ天の助」が2人がかりの絞め技でギブアップ。「ONAKIN」は「Mr.Money」からタイガースープレックスで3カウントを奪うが、「ところ天の助」がレフェリーに詰め寄り幻に。その後"Money Family"に攻められ退場。2対1となった「玲嘉」だが、「YMD」の排除には成功。しかし最後には「YMD」が投げ込んだ椅子からミリオンショットを決めた「Mr.Money」が防衛に成功した。
試合後"N4H"の「キョウシロウ」が「Mr.Money」に強烈なドロップキック。そして次期挑戦者には「カオスストリークマンJr」が名乗りをあげ、「西崎雄鬼」がレイザーズエッジを叩き込み怪気炎を上げた

メインイベント nkwMD(MostDangerous)王座選手権 変則3本勝負
王者"N4H" ○「大腸ケア」 VS 挑戦者"シンセダイ軍" ×「RYO」
※1本目×「大腸ケア」(7:49 足四の字固め)○「RYO」
 2本目○「大腸ケア」(13:04 足四の字固めを裏返す)×「RYO」
 3本目○「大腸ケア」(19:59 BTボム)×「RYO」
大腸ケアが5度目の防衛に成功

寸評:実力十分の両者によるMD王座戦。序盤はじっくりしたレスリングを展開。足に狙いを定めた「RYO」が足四の字固めで「大腸ケア」からタップを奪う。2本目も変わらず足を狙う「RYO」。再び足四の字固めを決めるが、「大腸ケア」が裏返して「RYO」からタップアウト。3本目は「大腸ケア」がダイナミックな隠し技BTボムでRYOから3カウント。試合後、「大腸ケア」は"シンセダイ軍"へ激励とも挑発とも取れる厳しい言葉を投げかけ興行を締めた

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

WRESTLE STAR 2017 公演結果

☆結果☆
○=勝 ☓=負

■第1試合
nkwクルーザー級王座次期挑戦権獲得 6wayガントレットマッチ
☓「GT」VS○「サンフランシスコ・ザヴィエル」VS「ふんどしデビル」VS「HIN」(YWC) VS「無殺死」VS「リヴァーサル沢」(R.A.W)
・21分43秒 ムーンサルトプレス
※サンフランシスコ・ザヴィウェルがnkwクルーザー級王座次期挑戦権を獲得。

■第2試合
nkwタッグチーム王座次期挑戦者決定3wayタッグマッチ
○「キングペンギン」(nkw/IWP)、「菊・門タロー」(スーパーオリジナル)
VS
「ONAKIN」(SWSガクセイプロレス)、「オナホ・ハズシタ」(CWP)
VS
☓「YMD」(フリー)、チョコット・シタイナー(SWSガクセイプロレス)
・16分51秒 ダイヤル固め
※キングペンギン&菊・門タローがnkwタッグチーム王座次期挑戦権を獲得。

■第3試合
GET THE CHANCE(GTC) 獲得 4wayハードコアラダーマッチ
○「カオスストリークマンJr」 VS 「ところ天の助」 VS 「ダスティソーローデス」 VS 「JAX」
20分3秒 カオスストリークマンJr天井からかかっているGTCを獲得
※試合中に「801健一」が乱入。

■セミファイナル
スペシャルシックスマンタッグマッチ
“シンセダイ軍”
「浅岡 遼」&○「RYO」&「ラソ=チンブラ」(宇都宮NUWA)
VS
“N4H”
☓「大腸ケア」&「サカイ」&「玲嘉」with「キョウシロウ」
30分22秒 ランニングエルボー→ピンフォール

■メインイベント
スペシャルシングルマッチ 
「Mr.Money」 VS 「大澤和也」(元nkwオーナー)
30分3秒 ミリオンショット

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

公演結果!『ウィンターペイン 2017』

11月公演「ウィンターペイン 2017」結果!

日にち:2017年11月19日(日)
時間:開場11:45、開演12:00
場所:小金井南中学校体育館

☆結果☆
○=勝 ☓=負
第1試合 新人デビュー シングルマッチ
○「ふんどしデビル」 VS ☓「無殺死」
※7:24 両者リングアウト

寸評:シュートスタイルで攻める「ふんどしデビル」に対し、“はずかし固め”など特殊な技で壁となる「無殺死」。
両者一歩も譲らない攻防であったが、最後は場外にて“足四の字固め”の取り返し合戦に熱中しすぎ、両者リングアウト負けとなった。

第2試合 6マンタッグマッチ
「GT」&「サンフランシスコ・ザヴィウェル」&○「ONAKIN」(SWS学生プロレス)
VS
「YMD」(フリー)&☓「菊・門タロー」(スーパーオリジナル)&「リヴァーサル沢」(R.A.W)
※17:40 タイガースープレックス

寸評:「GT」の鋭い膝、「ザヴィウェル」の美しいムーンサルト、なぜかビール瓶で相手を殴る「リヴァーサル沢」、そして「YMD」のY。6者6様の色が飛び出す中、試合終盤は現役学生五冠王者「ONAKIN」と元CWP無差別級王者「菊・門タロー」のバチバチしたエルボー、ビンタの殴り合いに発展。なんとかONAKINが隙きをつきスープレックスにて決着がついた。
試合後GTがリヴァ沢へアプローチ。今後対角にて戦う可能性が生まれた。

第3試合 3way ハードコアマッチ ※「西崎雄鬼」が当日欠場
「801健一」 VS ☓ 「カオスストリークマンJr」 VS ○「ところ天の助」(フリー)
※21:57 セコンドの圧力からのラダートップスプラッシュ

寸評:「西崎雄鬼」が出てこないまま波乱の幕開けでゴング。まっさきに「カオスストリークマンJr」が「801健一」につっかかり両者は殴り合いの喧嘩に。「ところ天の助」が合間合間に攻撃を重ねるが、やはり801がパワーで優勢に。しかし試合途中に肩を負傷(後に脱臼と判明)しフェードアウト。カオスJrと天の助の一騎打ちとなり、我慢比べのようにどちらもやられたらやり返す攻防であったが、最後はラダーから天の助がカオスJrを仕留める。
801との決着を望むカオスJrであったが今回では完全決着とはならずじまい、しかし新たなターゲットとして天の助が浮上。更に西崎は試合前に何者かに襲われて出場できなかったことが判明した。

セミファイナル タッグマッチ
「大腸ケア」&「サカイ」 VS "シンセダイ軍"「浅岡遼」&「RYO」
※22:56 ストゥーカスプラッシュ

寸評:「浅岡遼」「RYO」が勢い良く攻め、何度か土俵際まで追い詰めるが、それを「サカイ」「大腸ケア」しっかりと受け止め、最後はストゥーカスプラッシュに浅岡が沈めベテランの壁を再度確認させる内容となった。
試合後両チーム言い争い乱闘。セコンドが止める中、ケアが新チームを作ると宣言。過去にnkwに所属していた「玲嘉」「キョウシロウ」を呼び込み、新生「N4H(貫井・フォー・ホースメン)」を結成させた。

メインイベント nkw王座選手権 シングルマッチ
王者○「Mr.Money」 VS 挑戦者☓「キング・ペンギン」(nkw/I.W.P)
※14:12 業界No.1のハイキック Mr.Moneyは4度目の防衛に成功。

寸評:王座ベルトをわざと持ってこなかった「Mr.Money」。それに腹を立てたのか「キング・ペンギン」はゴングが鳴り響くやいなやスパートをかける。得意技を惜しみなく出し、更には雪崩式や危険技なども繰り広げるが、両者ともに3カウントは入らない。
決め手となったのは「YMD」のアシスト。ペンギンも一度は返せたものの、ハイキック・トラースキック・ハイキックで仕留められてしまった。
試合後MoneyはペンギンにFamily入り、ないしは団員としてのサポートを要求。しかしペンギンはそれを断りMoneyは「調教」という名のもとに暴行を始める。セコンド陣が止めに入るも、代表の持つ「絶対権限」で静止。そこに観客としてきていた元nkw代表の「大澤和也」が乱入し喝を入れたのだ。我慢ならない大澤はMoneyに詰め寄るが、Moneyも現nkw代表として突っぱねる。Moneyは全権をかけ、大澤は生活をかけた世紀の一戦が次回15周年公演にて行われることが決定した。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

nkw 5月公演『MADNESS PARK 2017』結果速報!

公演名:nkw 5月公演 『MADNESS PARK 2017』
日にち:2017年5月27日(土曜日)
場所:都立武蔵野公園(くじら山前)

★ラインナップ★ ※◯が勝ち、☓が負けです。
■第1試合 6マンタッグマッチ
『キング・ペンギン』(nkw/I.W.P)
◯『ラソ=チンブラ』(宇都宮NUWA)
『ONAKIN』(SWSガクセイプロレス)
   VS
☓『西崎雄鬼』
『西行隆幸』(DPW)
『菊・門タロー』(スーパーオリジナル)
※19分32秒 ドラゴンスプラッシュ

■第2試合 シングルマッチ
○『801健一』
    VS
☓『カオスストリークマンJr』
※16分36秒 DQ

■第3試合 nkwモーストデンジャラス王座&SWSハードコア王座選手権 
ハードコア形式 シングルマッチ
○nkwMD王者『大腸ケア』
    VS
☓SWSハードコア王者『チョコット・シタイナー』(SWSガクセイプロレス)
※14分56秒 ストゥーカスプラッシュ
※『大腸ケア』がnkwモーストデンジャラス王座の三度目の防衛に成功、SWSハードコア王座を獲得。
※公演終了後、『ONAKIN』が『大腸ケア』からJKを決めて王座を獲得。さらに『チョコット・シタイナー』が『ONAKIN』を丸め込み王座を奪還。

■セミファイナル nkwクルーザー級王座決定トーナメント決勝戦
シングルマッチ
☓『RYO』
   VS
○『サカイ』
※18分50秒 卍固め
※『サカイ』が第16代nkwクルーザー級王者となる。

■メインイベント nkw王座選手権
6マンバトルロイヤルマッチ
○王者『Mr.Money』
   VS
『太仁田ブ厚』(デブMW)
   VS
『チガイOKADO』(信州プロレス)
   VS
『塙 純一』(千葉 Hプロダクション・ねわざワールドOD)
   VS
『エリリン高木』(W.I.N)
   VS
☓『バイソン藤井』(フリー)
※26分13秒 ミリオンショット
※『Mr.Money』がnkw王座の二度目の防衛に成功。



ご観戦ありがとうございました!

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

リンク
プロフィール

nkwニュース

Author:nkwニュース
東京都小金井市を中心に活動している草プロレス団体「nkw」の最新ニュースを配信!!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ