怒りの伝言

今日午前3時、『レスラーの部屋』に怒りの伝言が書かれた。

そう『無殺死』選手である。

最近自分の扱いが悪いと悪態をついていた無殺死。
この前の特番「nkw・ホームカミング」では鬼といっしょにラストの締めを
壊そうとする行為にでる。

無殺死は2年前の3月、特番「レッスル・スター4・Life」でクルーザー級王者に
なる、それから今の今まで守り続けている。『カジャー・アンナカ』にならぶ記録保持者である。

そんな自分がなぜこんな扱いなのか!と昨年の冬頃から言っているのだ。
nkw側も対処はしたいと思っているという話だが…。

まだ無殺死選手の逆鱗には触れていないので何とかなるのではないか、
と思われている。
スポンサーサイト

特番nkw・ホームカミング試合結果!!!

nkw・ホームカミング試合結果!!
       試合の結果です。○=勝ちです。


         第1試合 タッグマッチ
        ○「Tom田沢&天道総悟」
              vs
        「A.K.&カジャー・アンナカ」
 ※15分30秒 
 Tom田沢が新技でカジャーアンナカをマットに沈め3カウント!!

Fコメ:今回デビューの天道総悟が完全に飲み込まれてしまうだろうと思っていた試合だが、まったく逆のものになっしまった。
テクニカルな動きで攻めていくカジャー、カジャー優勢かと思われたが逆に総悟が優勢に見えたのだ。
結果はTom田沢がカジャーをフォールしたが、もしかしたら総悟が3カウントを奪っていたかもしれない。注目の新人が飛び出た。

      
 
      第2試合 MD王座戦ハードコアマッチ

   王者○『クレイジー雑魚』 VS 挑戦者『JJJJ』

 ※12分31秒
 クレイジー雑魚がJJJJに板を載せその上にラダーからの
 ローリング・セントーンを決め3カウント!!
 クレイジー雑魚防衛となる。

Fコメ:もう今回で三回もぶち当たっている2人。
しかし、一対一での試合はこれが始めてである。
それは予想だにしない恐ろしい試合になってしまった。
試合はすぐにはじまり終始凶器が飛び交っていた。
試合終了後、クレイジー雑魚はすぐに帰っていったが、JJJJは怒り狂い
大暴れ。まだまだこの2人からは目が離せない!



    第3試合 ホーム・カミングSPスクランブルアウト
 入場順           退場順
 ①『もりはるおみ』     優勝
 
 ②『フランシャ・トティ・D』⑤もりのジャーマンでフォール

 ③『鬼囃子』        ④リングアウト

 ④『鬼太鼓』        ②リングアウト

 ⑤『ドルフ・ドッグ』    ①リングアウト

 ⑥『The MSG』    ③リングアウト

 ⑦『無殺死』        ⑥もりのキックでリングアウト

 ⑧『大澤 和也』      ⑦もりのムーンサルトプレスで3カウント

※13分53秒
もりはるおみが最後の1人となり優勝!!

Fコメ:スクランブルアウトマッチというのは、フォール、ギブアップ
に+オーバー・ザ・トップロープのルールが加わった試合形式である。
30秒おきに選手が入ってきて最後まで残っていたものが優勝となる。
懐かしい顔ぶれと新しい顔がそろった試合である。
『ドルフ・ドッグ』『The MSG』『フランシャ・トティ・D』
などの引退していた選手が今回限り復活したのだ。
そしてなんとも驚いたのが『もりはるおみ』!
今回デビューの新人選手が、オーナーや現クルーザー王者、元タッグ王者を倒し優勝してしまったのだ!!!
まさに次世代の大物である。

全試合終了後nkwの選手たちとお客さんによる豆まきが行われ、
無事特番終了となった。

見に来て頂いた皆様、本当にありがとうございました!!
これからもnkwをよろしくお願いいたします!!
リンク
プロフィール

nkwニュース

Author:nkwニュース
東京都小金井市を中心に活動している草プロレス団体「nkw」の最新ニュースを配信!!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ