バリバリ最強No1トーナメント

6月特番『EIGHT FATE』にて行われたバリバリ最強No1トーナメント

波乱万丈のトーナメントは恐ろしい結果になった。

まずは第1試合。
     ○『天道総悟』  VS  『ドラキューラ33世』
デビュー3戦目となる天道総悟、その相手はもちろん総悟よりベテランのドラキューラ33世。
試合開始、まずはドラキューラが観客に手拍子を求めたり、オーナーと踊ったりとベテランらしからぬ行動に出る。そして美しい攻防を見せ両者に拍手。
ドラキューラが力比べに行こうとするがまたも踊りだしペースを狂わせる、
しかし!そこで総悟が電光石火のスタナー!もうやってられないといった感じでどんどん攻めて行きコブラツイスト→卍固めを決める。ドラキューラはたまらずギヴアップ!ドラキューラは手も足も出ない結果に。
天道総悟が軽々と準決勝に進出。

第2試合  『Mr.Money』  VS  ○『もりはるおみ』

優勝間違いなしと自ら叫ぶMr.Moneyと大穴もりはるおみの1戦。
もちろんマネーが試合を圧倒すると思われたが、それが大間違い!
もりが試合をリードしてるではないか!!
結果はなんとカウントアウトでもりが勝ってしまうという大番狂わせ!
しかし!
やはりそこで黙っているマネーではなかった。試合終了後、レフェリーであった
オーナーに文句を言い暴行。そしてもりをボコボコにし、準決勝出場を辞退させるというありえない行動に出たのだ。
しかし!そこで黙っていないのが同じBブロックの『カジャー・アンナカ』だ。
マネーの行動に納得いかないカジャーはリング上で口論をはじめる。
そしてそんな中に『A.K.』まで登場!
納得いかない三人がリングで大口論を繰り広げてしまう!!
そこでやっと回復したオーナーが止めに入り衝撃の発言!
準決勝は
『カジャー・アンナカ』VS『A.K.』VS『Mr.Money』の三つ巴戦になることに!!!

第3試合    『Tom田沢』 VS ○『グレートマンNEO』

こちらも初の当たりとなる両者。
Tom田沢は大ベテランでありnkw1の怪力の持ち主。
グレートマンNEOは先月復帰しクルーザー級王座を奪取した。
そうスーパーヘビー対クルーザーの対決、誰もが予想のつく戦いなのだ。
しかし!前の試合にもあった大番狂わせがあるかもしれない。
体重差は30kgもあろうかと思われる両者。
もちろん田沢がパワーで圧倒するが、NEOはテクニックで回避していく。
そしてその時が起こる!
Tom田沢の一瞬をつきNEOが丸め込み勝利!
準決勝に進むのはNEOになったのだ。
しかーし!
怒り狂ったTom田沢、勝利したNEOを強襲!ボコボコにしてから強烈なタイフーンラットでぶっ潰してしまったのだ。
はたしてNEOは準決勝に出れるのか??

第4試合  ○『カジャー・アンナカ』 VS 『A.K.』 VS 『Mr.Money』

大混乱の中始まった準決勝、試合自体も大混乱の内容に!
それぞれが優勝を狙いに行く気持ちが高く試合序盤から激しい状況に!!
投げるわ、飛ぶわ、殴るわ、蹴るわの大乱闘!!!
恐ろしい形の合体技や、見ていられないほどの大技がでる激闘に!
そんな恐ろしい試合を決めたのは、A.K.にB3を決めたカジャーであった。
決勝には激闘をせいしたカジャーが進むことに!

第5試合  ○『天道総悟』 VS 『グレートマンNEO』

試合は入場時にはじまった。
NEOが体を引きずりながら入場していると、後ろから総悟が襲い掛かる!
そして試合が開始。総悟はキックの得意なNEOの足を重点的に攻めるというねちっこい攻撃を展開。しかしNEOもテクニックを生かし対抗していく
が、
やはり前の試合で襲われたのが響いたかNEOは体がうまく動かない様子。
その隙をついた総悟が決めにかかり四の字固めをかけていく。
NEOは必死に絶えたがレフェリーオーナーがストップ!!
総悟がTKO勝ちで決勝に上がる形に。
試合終了後NEOはまだやれると講義したがオーナーは聞く耳を持たず。
NEOには残念な結果となった。

第7試合  ○『カジャー・アンナカ』 VS 『天道総悟』

ついに最強を決める決勝戦がやってきた!!!
Aブロックからは『天道総悟』 Bブロックからは『カジャー・アンナカ』
この両者の当たりどこかで見た事が?そう!前回特番で行われたシングルマッチで当たっているのだ。その時はカジャーがスライディングDで総悟から3カウントを奪っている。
まさに運命といっても過言ではないめぐり合わせである。
カジャーは1試合、総悟は2試合を決勝の前に行っている。
試合数では総悟の方が多いが、カジャーは3WAYを行っている。
そう!どちらが勝ってもおかしくないのだ!!
試合ではどちらも疲労が見える戦いになったが、そこは気力でカバーしていく。
どちらもゆずらない戦いだったが、最後はスライディングDを二発決めたカジャーが
勝利!先輩の意地、そして優勝への熱意を見せ付けたのだ!!
そう!カジャーがこのバリバリ最強No1トーナメントの優勝者!

と、思われたその時

会場が暗闇に包まれ一筋の光が見えたかと思うとそこには映像が…

その映像にはババヤ人が写っていたのだがまったく意味のわからない謎の映像…

終わったかと思うとトーナメントには参加していないババヤ人が入場してきたのだ
もちろん優勝者のカジャーを祝うのだろうと皆が思ったのだが、
ババヤ人は祝いのほかにまだトーナメントが終っていないと謎の発言をする。
そして最後に戦うのはババヤ人だと言うのだ!
有無を言わさず試合が開始。

第8試合    ○『ババヤ人』 VS 『カジャー・アンナカ』

いったいなぜこんな試合が?
そんなことも考えられないまま試合が開始!
もう決勝を行った後のカジャーはつかれきって試合にならない。
しかしそこはカジャー、熱血男の意地を見せ、得意のエルボーを打ち込んで行く
が!
ババヤ人が一括!
ナマライムドリーム2を決め3カウントを奪ったのだ。

なんでこんな試合が行われているのだ!もう観客も団員も怒り爆発寸前!
勝利したババヤ人に実況鈴木がインタビューしに行き、
あなたに何の権限があってこんなことをするのかと怒りの発言!
ババヤ人は何を思ったのか鈴木をぶん殴る!!
そして謎の発言をし始めたのだ。

「俺がただのレスラーだと!?俺にそんな権利がないだと!?はッ!
この世の中は間違いだらけだ…
間違いとは、
このカジャーアンナカの様な3流レスラーがトーナメントに優勝してしまうこと!
間違いとは
真にリスペクトされる人物が迫害されている事!間違いとは偉大なる男がピエロ姿になり皆の笑い者になっている事!
しかし…こんな間違いだらけの世の中にも正しい事がある…
何だ貴様ら、お前らも…捨てられた猫みてえな面しやがって…
はッ!その顔は真実を知りたがってる顔だな!?良いだろう!今まで何も考えずに平平凡凡と生きてきたお前らにこの、
いや私の団体nkwにおいての正しい事を教えてやるわ!
正しいこと!
それはこの団体において最も偉大な男はオーナーである事!
正しいこと!
それはオーナーこそ最もこの団体に貢献した人物であり、
尊敬されるべき人物である事!」

そして悪夢が訪れる…

誰もが想像しなかった事…いやできなかった事…

ババヤ人がマスクを脱いだのだ!!!!!!


それだけではない


マスクを脱ぐとそこには

nkwオーナー『大澤和也』がいるではないか!!!

ありえない

これは現実か??

いや夢ではない

ここは夢の国ではないのだ

夢の国はもう無いのだ。

ババヤ人がいなくなり

オーナーが現れたのだ。



恐ろしい時代の幕開けとなったのだ…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

nkwニュース

Author:nkwニュース
東京都小金井市を中心に活動している草プロレス団体「nkw」の最新ニュースを配信!!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ